お電話ください
ホーム 施術案内 交通事故治療 アクセス 膝痛治療 英語
川口整骨院
   
治療内容
交通事故治療
スポーツ障害
腰痛治療
膝痛治療
首・肩の痛み
PNF療法
 
 
     
     
 スポーツ障害とは、運動によって起こる障害や外傷の総称です。身体に無理な負担をかけると捻挫・脱臼・肉離れ・筋肉痛・打撲・骨折の怪我だけでなく後遺症など障害が残る場合もあるのです。  
 
 
 捻挫、肉離れ、靭帯損傷、半月板損傷、脱臼、骨折、突き指、アキレス腱断裂等、一度に強い外力が加わることにより生じるものを指します。
 
   
 
   
 スポーツ障害は医学的には「使いすぎ症候群(オーバーユース)」と言われ、身体を酷使することで発生する疾患であると言えます。
運動に伴う筋肉の伸縮とねじれ、骨での衝撃吸収などでスポーツは肉体に与える負荷が大きいといえます。
 
   
     
 急性の外傷の処置法は R I C Eと呼ばれ、打撲、捻挫、骨折などの外傷を負った直後から開始されることを想定した治療法です。安静の(Rest)、冷却の(Ice)、圧迫の(Compression)、挙上の(Elevation)、の4ステップで構成され、頭文字をとってR I C Eと呼ばれています。
     
 
   
 安静のRestは、腫れや痛みを軽減させることが目的です。三角巾や包帯などを用いて患部を安定、安静にさせます。もし骨折や靭帯の損傷などがある場合は、ギプス固定をします。  
   
 
   
 冷却のIceは、患部を冷却することにで血管を収縮させ腫れや炎症反応を抑制します。また冷却により痛みを伝える神経線維の伝導速度が遅くなり、筋肉の異常緊張や発痛物質の発生が抑えられます。季節にもよりますが冷却温度を10℃前後、感覚がなくなる程度に冷却します。  
   
 
   
 圧迫のCompressionは、内出血や腫れを抑えるために、弾力包帯などで患部を圧迫します。  
   
 
   
 挙上のElevationは、腫れを抑えるために心臓より患部を高く上げて、静脈還流を促します。  
     

 怪我によって起こる腫れとは、内出血や組織液がにじみ出るなどの炎症反応です。これらを速やかに最低限に抑えることが治療のポイントであり、今後の経過を大きく左右します。放置してしまうと、周囲の筋肉や関節にまで影響が広がり、スポーツ活動への復帰にも大きく影響を及ぼします。

当院では、様々なスポーツ障害に対応しておりますので、お困りの方は是非一度ご相談くださいませ。

 
   
  診療時間